音楽を中心とした、コラム・各種ランキングページがあります。邦楽・洋楽問わず、あなたの音楽ライフにお役に立つ情報をご紹介します!

最新 全英シングルチャート 4月16日~4月22日

全英シングルチャートの特集です。ここではTOP10とチャートインしたアーティストの中から個人的一押しの注目株を紹介します。

▶前週の全英チャート

▶ビルボードチャート

UK Single Chart   4.16~4.22
1. Montero(Call Me By Your Name)
(1)→ Lil Nas X

リル・ナズ・ Xの新曲が再び1位をキープです。MVでは、エデンの園をイメージした場所からストリッパーポールを地獄に滑り降りてサタンに会いに行きます。そしてラストではサタンを殺し、自身がサタンになってしまうという内容です。批判もありますが、同性愛について描かれた楽曲と、理解のない宗教に対する皮肉が含まれたMVとして捉えると、挑戦的で芸術的なものとしての評価されてもいいのかもしれません。

「Montero]

⇩Watch MV


2. Peachs
(2)→ Justin Bieber/Caesar/Giveon

今週は2位をキープ。先月、6作目となるスタジオ・アルバム『Justice』をリリースしました。キリスト教の信念や価値観に触れた楽曲も見られ、彼の心境が落ち着いた成熟したものになっていることが伺えます。2018年に結婚したヘイリーとの関係がプラスの方向へ導いているのかもしれません。先日EP『Freedom』も急遽リリースされ、こちらにはビームやトニー・ケリーなどゲストが参加した6曲が収録されています。

「Justice」

⇩Watch MV


3. Rapstar
Polo.G

シカゴの若きラッパーPolo Gの新曲が3位にランクインしてきました。KSIの「Patience」やLil Tjayの「Headshot」でもゲストとして参加していましたよね。彼の2作目「THE GOAT」も昨年全米2位を獲得し、アルバムの楽曲中10曲がHOT100にランクインするなど、注目の高いラッパーです。メロディアスなフローが特徴的で、サウンドメイクも洗練された印象があります。

「THE GOAT」

⇩Watch MV


4. (6)↑

Bed  / Joel Corry/Raye/David Guetta

イギリスの人気DJジョー・コーリーは、ブリッドアワードにもノミネートされています。今作はレイのデモを聞いたジョー・コーリーが、レイにインスタグラムでメッセージを送ったことから始まりました。デモ音源を聞いて、歌詞やメロディー、フックに魅了されたようです。ジョーはDJデヴィッド・ゲッタにもメールを送りました。すると、快く共作を引き受けてくれたみたいですね。


5. (3)↓

Wellerman / Nathan Evans/220KID/Billented
今週は5位に落ち着きました。しかし、2021年3ヶ月経過時点でのUKの累計チャートでも2位に入っています。TikTokのバイラルヒットから始まったこの楽曲は、イギリスで大ヒットとなり英チャートで2週連続首位も獲得しました。この楽曲にカタカナ英語字幕を付けたビデオも、公開されています。まだ再生数少ないので、是非日本の皆さんも聞いてみてください。

6. (5)↓

Friday   / Riton/Nightcrawlers/Mufasa

この楽曲もまだ6位をキープしています。コロナによるパンデミックで、色んな制限がある中、音楽がもたらす明るく開放的な空間をイメージして作られました。このダンスミュージックはNightcrawlersの楽曲がオリジナルです。心を解放させることを狙った通り、明るいサウンドが気分を上げてくれますね。Mufasaもこの楽曲に大きなインパクトを与えています。

↑Watch MV buy

 7. (7)→

The Business / Tiest

このトラックは US Dance Radio でも1位となり、世界25カ国の Spotify の Top50 にランクインしました。タイ・ダラー・サインと組んだ同曲のリミックス「The Business, Pt. II」もリリースされています。R&Bボーカルが最高にマッチしてますね。こちらの方もかっこいいリミックスです。昨年のアルバム『The London Session』には、リタ・オラ&ジョナス・ブルーとコラボした「Ritual」などが収録されています。次作も製作中のようですよ。


8. (10)↑

Little Bit Of Love / Tom Grennan

じわりと順位を上げてきていますね。25歳の正統派のSSWで、少ししゃがれ気味のブルージーな歌声が魅力的です。この楽曲が収録された2枚目のスタジオアルバム「EveringRoad」は、彼にとって初のUKナンバーワンアルバムを獲得になりました。魅力のある良いアルバムですよね。彼はトミーヒルフィガーとも提携してMoving Forward Togetherキャンペーンも行っているようです。


9. (初)   

Titanium / Dave

Daveはイギリスのラッパーです。2019年のデビューアルバム『Psychodrama』はUKチャートで1位を獲得しています。そして2020年のブリッドアワードでも、マーキュリー賞、アルバムオブザイヤーも受賞しています。今回は「Mercury」という楽曲も同時に公開されています。今年後半にマンチェスターで予定されているパークライフフェスに参加予定みたいですね。


10. (初)

Kiss Me More / Doja Cat Ft.SZA

ドージャ・キャットとシザという話題の2人がコラボした楽曲ですね。カッティングギターとディスコビートが素晴らしいポップチューンになっています。この楽曲は夏に発売予定のドージャキャットのニューアルバムに収録される予定です。この楽曲のMVでは、日本を思わせる桜などを背景にした惑星に不時着したアジア系男性が、ラストにドージャとシザに捕らわれるという内容になっています。

↑Watch MV buy

今週はリル・ナズ・Xが再び首位をキープ。2位に着けたジャスティン・ビーバーのニューアルバム『Justice』も好調です。そして、3位にはポロGが入ってきましたね。ビルボードチャートではどの位置に入ってくるか興味深いですね。8位に入ったトム・グレナンのアルバムも要注目です。そして、10位に着けたドージャキャットとシザの楽曲もこれからどう動いていくんでしょうかね。久しぶりに動きのある週でしたね。

 Pick up!

» Let’s Go Home Together Ella Henderson & Tom Grennan

今週12位まで順位を上げてきたのは、イギリスのSSWエラ・ヘンダーソンとトム・グレナンのデュエット曲です。2人ともハスキーで伸びやかな魅力的な声をしていますよね。トム・グレナンのアルバムがヒットしている影響もあるのか、順位も少しづつ上昇していますね。

buy


» Mr Perfectly Fine (Talor’s Ver.) Talor Swift

こちらは30位に入ったテイラースウィフトの楽曲です。元々2008年に書かれた楽曲なのですが、『フィアレス(テイラーズ・バージョン)』の発売に合わせて今回リリースされました。このアルバムは、音源買収を受けたテイラーが、再び再レコーディングして発売しました。彼女にとって初めてグラミーで最優秀アルバム賞を受賞した記念すべき作品です。

buy


最新情報をチェックしよう!