音楽を中心とした、コラム・各種ランキングページがあります。邦楽・洋楽問わず、あなたの音楽ライフにお役に立つ情報をご紹介します!

全英シングルチャート(3月26日~4月1日)

全英シングルチャートの特集です。ここではTOP10とチャートインしたアーティストの中から個人的一押しの注目株を紹介します。

▶前週の全英チャート

▶ビルボードチャート

UK Single Chart   3.26~4.1
1. Wellerman
(1)→ Nathan Evans/220KID/Billented

発売からじわじわ順位を上げて、先週とうとう1位になったこの楽曲。今週、2週連続の1位を獲得しました。ネイサンは1位獲得について次のように語りました。「僕も自分の音楽や曲を書いているけど、皆さんがシーシャンティ(船乗りの歌)が好きで、それが喜びをもたらすのなら、僕もこの曲を(プレイし)続けることは気にしません。僕にとって音楽は絶対的な情熱なのです」と語っています。この曲は、1860年代のニュージーランドの捕鯨船のことを歌った民謡です。

「Wellerman」

⇩Watch MV


2. Latest Trends
(2)→ A1&J1

2位も2週連続でA1&J1が位置をキープしました。彼らもビッグヒットとなり驚いているでしょう。Aitchも参加したリミックスバージョンの効果もあるようで、ストリーム数が伸びているようです。A1とJ1はHousepartyという動画アプリで出会って、コンビを組むことに至ったようです。Tik&Tokで広まったこの曲のおかげでEMIとの契約を得ることが出来ました。2人はまだティーンエイジャーのようですね。

「Latest Trends」

⇩Watch MV


3. Peachs
Justin Bieber/Caesar/Giveon

さて、ジャスティン・ビーバーが来ました。最近精力的に活動している印象がありますよね。3月19日、6作目となるスタジオ・アルバム『Justice』をリリースしました。全米1位に輝いた前作『Changes』から約1年でのリリースですね。ヒット・シングル「Anyone」、「Holy」、「Lonely」などが収録されています。同時に公開されたこの「Peachs」が3位にランクインしました。

「Justice」

⇩Watch MV


4. (5)↑

Friday / Riton/Nightcrawlers/Mufasa

この楽曲も人気が継続していますね。DJリトンの楽しげな楽曲も人気は衰えません。MVも新しく作り直されていますね。このダンスミュージックはNightcrawlersの楽曲がオリジナルです。売上は、週ごとに13.6%増加しているみたいですね。リトンも次作の構想もあるようです。心を解放させることを狙った通り、明るいサウンドが気分を上げてくれますね。→詳しくはこちらでPick Upしています。

↑Watch MV buy

5. (4)↓

The Business / Tiest

この楽曲をリミックスしてお応募すれば賞を受賞できるという企画が、始まっています。⇒こちら タイ・ダラー・サインと組んだ同曲のリミックス「The Business, Pt. II」もリリースされました。こちらの方も好評のようですよ。かっこいいリミックスになっているので、チェックしてみてください。昨年のアルバム『The London Session』には、リタ・オラ&ジョナス・ブルーとコラボした「Ritual」などが収録されています。


6. (8)↑

Bed / Joel Corry/Raye/David Guetta

イギリスの人気DJジョー・コーリーの楽曲は、また順位を上げてきました。今作はレイのデモを聞いたジョー・コーリーが、レイにインスタグラムでメッセージを送ったことから始まったようです。しなやかでリズム感のいい彼女の声は、この曲にとてもマッチしてますね。有名DJデヴィッド・ゲッタがコラボしている点も注目です。リモートで作成したみたいですね。また彼とのコラボもあるかもしれません。


7. (3)↓

Patience / KSI Ft.Yungblud & Polo G

KSIの楽曲は少しランクダウンしてしまいましたね。彼はイギリスで有名なYoutuberであり、ラッパー・俳優・プロボクサーという肩書も持つマルチな才能があるインフルエンサーです。KSIは音楽に力を入れていて、6つのTOP10シングルを獲得し、デビューアルバムも2位を獲得しています。今年は次のアルバムも視野に入れているみたいですね。

8. (7)↓

Don’t Play / Anne-Marie/KSI/Digital Farm

アン・マリーはイギリスの有名なSSWです。今年の夏にブリストルで行われる新しいフェス(リディアードフェスティバル)のヘッドライナーにも選ばれたようです。彼女は、子供の頃空手の世界大会で2002年に優勝していて、デビューEPも『Karate』だったりします。日本にも縁があるんですよね。先日スッキリでも「Don’t Play」をパフォーマンスしてました。

↑Watch MV buy

9. (6)↓   

Calling My Phone / Lil Tjay&6Lack

リル・ティージェイの楽曲は9位に踏みとどまりました。ポロG、フィビオ・フォーリンをフィーチャーした「Headshot」という楽曲も先日公開されました。その楽曲が含まれた、次のアルバムのタイトルは『Destined 2 Win』に決定しました。4月2日にリリースされます。勿論トラックリストには「Calling My Phone」も含まれています。楽しみなアルバムですね。


10. (31)↑

Hold on / Justine Bieber

ジャスティンの楽曲がもう1つ入り込みました。ニュー・アルバム『Justice』は、アルバムチャートで初登場2位にランクインしています。彼はタイトルについて「このアルバムを通じて、一人じゃないということを感じてほしい。そして、正義とは何がという対話を続けて行きたい」と語っています。彼は休養期間を経て、精力的な活動とメッセージ性の高い楽曲を提供し続けていますよね。


今週はジャスティン・ビーバーが目立ちましたね。ニューアルバム『Justice』も好調です。そしてアルバムと言えばリル・ティージェイの『Destined 2 Win』も近日発売予定です。アメリカチャートでは好調を維持しているオリヴィア・ロドリゴは、21位まで順位が下がっています。シルク・ソニックも22位止まりですね。UKチャートでは、リトン、ティエストなど、人気DJの楽曲の強さが目立ちますね。次週以降も楽しみですね。

 Pick up!

» Black Hole Griff

今回39位にランクインしたのは、グリフの「Black Hole」。先日リナ・サワヤマとブリット・アワードのライジングスター賞を争って、見事受賞しました。彼女は新たなポップスターとして期待されています。次週以降も少しランクアップする可能性もありますね。

» Headshot Lil Tjay/ Polo.G/Fivio Foreign

こちらは40位にランクインしたリル・ティージェイの新曲です。彼の4月に発売されるアルバム『Destined 2 Win』にも収録予定の楽曲です。このアルバムの売り上げ次第では、こちらの楽曲も順位を上げてくる可能性がありますね。


 

最新情報をチェックしよう!