音楽を中心とした、コラム・各種ランキングページがあります。邦楽・洋楽問わず、あなたの音楽ライフにお役に立つ情報をご紹介します!

全英シングルチャート (2月19〜25日)

今回は、UKシングルチャートの特集です。ここではチャートインしたアーティストの中から個人的一押しの注目株と、最近気になったアーティストを紹介します。

UK Single Chart   2.19~2.25
Drivers License
(1)→ Olivia Rodrigo

⇩Watch MV

Calling My Phone
(初) Lil Tjay&6Lack

⇩Watch MV

Wellerman
(2)↓ Nathan Evans/220KID/Billented

⇩Watch MV

4. Don’t Play  (4)→

Anne-Marie/KSI/Digital Farm

5. Without you  (3)↓

Kid Laroy

6. The Business  (7)↑

Tiesto

7. Paradise  (6)↓

Meduza Ft. Dermot Kennedy

8. Get out My Head  (8)→

Shane Codd

9.    Goose Bumps  (10)↑

Travis Scott & HVME

10.    Friday  (16)↑

Riton/Nightcrawlers/Mufasa


ここでも、1位のオリビアは順調に連続記録を伸ばしていきそうですね。今年注目のアーティストです。

Billboadのページで特集してます。

2位にランクインしたのは、リル・ティージェイと6ラックの楽曲。1位との差はわずか1,700枚差だったようです。そして、3位に順位を下げましたが、ネイサンエヴァンスの楽曲も人気をキープしています。スコットランドの郵便配達員だった彼。TikTokでこの労働歌を歌うと大流行しました。6位にはティエストの楽曲が7位からランクアップしています。

Tiestoの楽曲は前週Pick Upしています。

 

 Pick up!

» Calling My Phone Lil Tjay&6Lack

ご紹介したいのは、2位のリル・ティージェイと6LACKのCalling My Phone。リル・ティージェイは、サウスブロンクス出身のラッパーです。HIPHOPがベースなのですが、彼の特徴はPOPSを大胆に取り入れることを厭わない点ですね。元々、マイケル・ジャクソンやアッシャーなどが好きだったみたいですね。今作もTRAPのシンプルなリズムをベースに、ダウナーで甘いムードの漂う歌声を聞かせてくれます。恋人の別れを引きずるマッタリとした鬱屈した感情とTRAPのリズムがマッチしている気がします。私、結構好みです。

» Friday Riton/Nightcrawlers/Mufasa

そして10位にランクインしたのは、UKを代表するDJ、リトンのFriday。この踊れるハウスチューンは、Nightcrawlersの「PushThe Feeling On」が元ネタです。MufasaはYou Tubeでこの曲をかけながらダンスする動画で有名になった黒人です。そして、この動画を見たリトンが触発されて、「Friday」という作品に至ったみたいですね。今作のMVにもこの動画が使われています。2020年はコロナで嫌なムードが漂う中だったのもあり、楽しい気持ちになれる作品をリリースしたかったようですね。

 

最近公開された注目の楽曲

Let’s Not Fight     Porridge Radio

⇩Watch MV
ブライトン出身のポストパンバンド。ラフトレードの2020年のベストアルバムに『Every Bad』が9位にランクインするなど、注目のバンドの一つです。今作はアイルランド人のアーティスト、ピグレットと組んだ楽曲です。Antidote to Being Bored (Live)     Oscar Lang
⇩Watch MV

新鋭のシンガーソングライター。ベッドルームポップをエキサイティングにしたサウンドという形容が似合います。Dirty Hitからデビューした点にも注目です。今作は90年代を思わせるUKロックの血筋を引いた楽曲ですね。

 

Everybody’s Gonna Love Somebody      Alfie Templeman
⇩Watch MV

彼も早熟の天才ですね。2018年、当時15歳で作った「Like an Animal」で注目を集めた彼。ヴィンテージ感もあるふんわりした雰囲気が個性的ですね。ロック、R&Bや90年代のHIPHOPからの影響も感じさせる楽曲もあるという雑食感がまたグッド。ラフに独自の世界観を作れてる感じが好感度高いです。

 

Vendetta    Iceage
⇩Watch MV

デンマークのポストロック/オルタナティブバンド。2011年にコペンハーゲンから出てきた彼らは、北欧のイメージを変えて世界に驚きを与えました。まぁ、こういう指向のバンドはいたと思うんですけど、彼らの場合センスが素晴らしく良かったのでしょう。

 

 Cain’s Heresy    The Lounge Society
⇩Watch MV

まさにUKって感じなインディーロックは良いですね。70〜80年代のパンクっぽさも感じるし、歌詞も政治的な不満なんかがテーマだったりして、こういうバンド今珍しくなりつつあるんで貴重なバンドですね。


ということで、UKチャートはこんな感じでした。まだブログ始めたばかりで、ちょっと色々検討中です。またお付き合いよろしくお願いします。

最新情報をチェックしよう!