音楽を中心とした、コラム・各種ランキングページがあります。邦楽・洋楽問わず、あなたの音楽ライフにお役に立つ情報をご紹介します!

2021年 期待の邦楽アーティスト10選 注目のソロ・ユニット編

前回はバンド編でしたが、今回はソロやユニットを中心にやっていこうかと思います。才能あるアーティストの中からだれがブレイクするのか、注目ですね

2021 注目のアーティスト

Doul

楽曲、スタイリング、映像をセルフプロデュースもしていて、まだ17才というから凄いですね。彼女の歌唱力と表現力には、今回一番衝撃を受けたかもしれません。世界的DJであるDiploがインスタをフォローしたこともあり、北米、南米、ロシアなどからも注目される存在に。Anne-Marie、ONE OK ROCK、Jack Johnson、Marshmelloなどを聞いていたみたいですね。確かにアコースティックな楽曲からは洋楽SSWからの影響も伺えますし、ダンスミュージック的なアプローチをしているのはMarshmelloなどの影響もあるのでしょうか。更に世界観を深くしていけば、彼女の魅力が高まるでしょう。今でも十分洗練されていますが、世界を狙うのであれば、楽曲の洗練度を更に上げてくれるパートナーに出会ってほしいですね。

公式CH ︰https://m.youtube.com/channel/UCDdtq9uP84hD3H1gHsbV43w

話題の楽曲「Howl」↓


Lex

彼も若いですね、18才かな。音楽的なセンスがいいラッパーだなぁと思ってました。調べてみると、KID FRESINO、C.O.S.A.、XXXTentacionなどからの影響もあるようで、私の好みとめちゃ被ってましたね。彼のメロウボイス、サウンドメイク、どちらも質感が良いですね。エレクトロポップな作品から近年のHipHopの流れを感じるダークな作品まで、バラエティが豊かです。リリックも繊細でセンシティブなものから破壊的なものまであって、その点も同年代のティーンエイジャーからの支持がある要因かもしれませんね。

公式CH:https://m.youtube.com/channel/UChamZkcHgmXJCZ3dOu5UEJQ

2020年に発売↓


Yohlu

新鋭のフューチャーソウルユニット。福岡発のクリエイティブ・ユニット『BOAT』の中でも中心的な存在です。映像制作~アートワークまでこなす彼らは、アジアからも注目されている存在のようです。R&B/HIP-HOPやHOUSEなどをベースにしたトラックに、メロウで甘いボーカルが乗っていて心地いいですね。サウンドの質感も、洗練されたアーバンな雰囲気の中にしっとりとした感覚もあって、好みのバランスです。お洒落なサウンドが好きな人におすすめです。

公式CH:https://m.youtube.com/channel/UCrBNQWzZsIQjoOvr_wsn5wQ

2020年に発売↓


カメレオン ライム ウービーパイ

Chi-によるソロユニットですね。Whoopies1号2号を従えて、楽曲制作からアートワークも手掛けてます。結構今はDIYなアーティスト多いですよね。音楽的にはモータウンやオルタナロックなどから影響もあるみたいです。楽曲はR&Bをベースにした現代的なエレクトロポップと言ったらいいんでしょうか?でもサウンドの質感としては、洋楽志向というよりも、日本のポップミュージックの遺伝子を継いでる感じがしますね。独自の世界観があるので、好きな人はどっぷりハマりそうですね。

公式CH:https://m.youtube.com/channel/UCP9dFgrskFYoSXX52K2xAyw

話題の楽曲「Who am I」↓


a子

ウィスパーボイスが魅力的な彼女の楽曲は、どこか現実から浮遊しているような感覚がありますね。Soft Machine, James Blake, 椎名林檎などから影響を受けたという話もあって、確かにダークさとポップさが同居したサウンドにその点が垣間見えますね。オルタナ・インディーをベースにしつつ、近年のエレクトロ/ビートな感じもあります。雑多な音楽性で創られた世界を、ポップに見せられるセンスは凄いですね。サウンドの内面から、薄っすら漏れ出る狂気的な感じも良いです。

公式CH:https://m.youtube.com/channel/UCOeG6YTLjO7JApWPl_q0D-A

2020年に発売↓


どんぐりず

ぱっと見ふざけてんのかと思ったけど、音聞いたらとんでもなかったですね。というか、彼らが昔投稿したマキシマムザホルモンの「ぶっ生き返す‼︎」をアコギでカバーした動画、見覚えありました。草むしってるやつ。あれからここまでの世界観を作り上げるようになるとは驚きですね。危うく崩壊しそうでさせない世界観や展開のさせ方は、凄い音楽センスです。(チョモランマはコードマニアらしい) 今の彼らは、基本HIPHOPがベースの楽曲を作ってますね。UKのグライムなどの流行も取り入れてて素敵です。

公式HP:https://dongurizu.com/

2021年に発売↓


Macico

R&B、ラウンジミュージックをベースにした穏やかで洒落たサウンド。心地よいメロディがほっとしますね。インタビュー記事見たら、ちゃんとJPOPがベースにあるみたいですね。フレンチポップやToro Y Moi、Wash Outなどのチルウェーブ系のアーティストに影響を受けているということで、今の洒落たサウンドに繋がっていることに納得しましたね。彼らの落ち着いた洗練されたサウンドは、受け入れやすい人も多いんじゃないでしょうか。

公式CH:https://m.youtube.com/channel/UCzs4_i0FkUr2Oyd7F8S2p3g

話題の楽曲「Coin landry」↓


ウ山あまね

神様クラブのトラックメイカーの彼が、ソロ活動しはじめたのがウ山あまねです。近年のHyperPopのトレンドを取り入れた楽曲が印象的です。過度に強調されたエレクトロサウンドをJPOPに落とし込んだ楽曲。「セロテープデート」なんかも、トリップするような異質なエレクトロの上に、渋谷系も思わせる甘くポップなメロディが乗っていて、独自の音楽性が築かれていますね。新しい扉を開きたい人におすすめです。

公式CH:https://m.youtube.com/channel/UC5gEXz98njNGhHUTlc2DztQ

話題の楽曲「セロテープ」↓


Rin音

「snow jam」でもうブレイクしたといってもいい存在になりましたね。というか、レコード大賞まで取ってたんですね。HipHopなんだけど、いつもの日常を描いたリリックやゆったりとした雰囲気が、彼の魅力ですね。この柔らかいトラックは、普段JPOPしか聞かないっていう人にも届きやすいんでしょうね。楽曲の中で使用されている音源も、柔らかい鍵盤の音が多いイメージもあります。ここまでくるとジャンルがどうとかはどうでも良くて、心地よければOKですよね。

公式HP:https://rinne-neonetyankee.com/

2020年に発売↓


Franz K Endo

アニメーション、トラックメイキングを行う彼の世界観は、中毒性ありますね。MADドラえもんに代表される歪んだ世界観の動画は、風刺絵のようにどこか胸に刺さる部分があります。「フリースタイルダンジョン」にハマっていた時期もあって、ラップを始めたようですね。デスコアからテクノまでやりたいと語っていたようですし、ローファイで雑食性のあるサウンドは、一言では形容できない不思議な魅力がありますね。

公式CH:https://youtube.com/c/FranzKEndo1

2020年に発売↓


【バンド10選もこちらでやってます】

はい、今回はソロやユニット中心にピックアップしてみました。特にソロになると、若い才能が沢山いることに驚きますよね。まだまだピックアップ出来なかった才能が埋もれていそうなので、また定期的にやっていきたいですね。

最新情報をチェックしよう!