音楽を中心とした、コラム・各種ランキングページがあります。邦楽・洋楽問わず、あなたの音楽ライフにお役に立つ情報をご紹介します!

GREENROOM FESTIVAL 5/22出演者特集(Nulbarich 平井大 SIRUP TENDRE LUCKYTAPES TRI4TH)

GREENROOM FESTIVAL2021も近づいてきましたね。このフェス私の好みのアーティストがよく出るんで、今回特集しようと思います。

首都圏も感染拡大傾向ではありますが、何とか開催してほしいものです。今年フェスがきちんと行えるように、私達も感染防止を協力していきたいですね。

5/23 出演者特集はこちら

GREENROOM FESTIVALとは

Save The Beach, Save The Oceanがコンセプト

GREENROOM FESTIVALはサーフカルチャー、ビーチカルチャーをルーツに持つ、音楽とアートのカルチャーフェスティバルです。

音楽だけでなく、海をテーマにした絵画やフィルムなどのアート作品も楽しめるのがポイントですね。お店も色々出店しています。

2005年に横浜大さん橋ホールで第一回をスタートしました。初回から徐々に規模を拡大し、2010年から開催地を現在の横浜赤レンガ地区野外特設会場へ移したようですね。昨年中止になったので、今回で16回目になります。

横浜の街にも近くて、海の香りも味わえるフェスティバルです。立地的にも参加しやすいですし、お洒落な雰囲気もあってライトな層も楽しめると思いますよ。

出演者 5.22(Sat)

※アーティスト名の真下の画像は、MVにリンクしています。

Nulbarich

シンガーソングライターのJQ(Jeremy Quartus)を中心として構成されるバンドであるが、演奏形態に応じてメンバーを変えながら活動しています。2016年にデビューしてから、その音楽的なセンスの良さで注目され続けてきました。私も彼が出てきたとき、その音色の素晴らしさに心が躍ったのを覚えています。

4月21日にリリースされるニューアルバム『NEW GRAVITY』の詳細が最近発表されました。キャリア初の2枚組アルバムとなりますね。今回は映画やドラマのタイアップ曲や、Vaundy、ヨルシカ、韻シストなどと組んだ楽曲、そしてタイのヤングスターであるプム・ヴィプリットとの楽曲も含まれています。これは要チェックなアルバムになっていますね。

今回のオシャレな街フェスに、彼のサウンドはマッチしますよ。きっと楽しい時間になるでしょう。


平井 大

最近人気が更に出てきた感じがありますね。ランキングも上位に来てますし、FIRST TAKEに出演していましたね。サーフミュージックをベースにした、ウクレレやアコギで奏でられる爽やかなサウンドは、心地よくて耳障りがいいですよね。

ハワイの大型イベント「ホノルルフェスティバル」の公式イメージソングに「ONE LOVE 〜Pacific Harmony〜」が抜擢された事で注目され始めました。1stアルバムも「ALOHA」だったりしますし、ハワイのイメージ強いですよね。

彼は日本生まれ日本育ちなのですが、幼い頃からハワイに行っていたようですね。小さい頃から洋楽もよく聞いていて、ウクレレも幼少期から触っていたみたいです。英語の発音もかなり良いですよね。彼も海が似合うアーティストですからパフォーマンスが楽しみですね。


SIRUP

大阪出身のシンガーソングライターKYOtaroによるプロジェクト。R&B/ソウル、HIPHOPなどをベースに、ジャンルを超えて様々なクリエイターとコラボし、新しいものを生み出していくというものです。

確かに彼は大橋トリオやDJHASEBEなどともコラボしていましたし、先月発売されたアルバム『Cure』でもMori Zentaroをはじめとして、Yaffle、starRo、A.G.Oなど実力あるトラックメーカーやプロデューサーが参加しています。

イギリスのプロデューサーROMderfulなど海外の有名プロデューサーともタッグを組んでいますし、結構力の入った作品ですよね。彼の良い部分は色んなコラボでも、自分の特色をしっかり出せている所ですよね。きっと街フェスでも心地よい空間を作ってくれるでしょう。


TENDRE

河原太朗のソロ・プロジェクト。2017年12月にTENDRE名義でデビューしました。最近メジャーに転身した事がニュースになりました。彼はマルチプレイヤーということもあって、色んな有名アーティストのライブやレコーディングに参加しています。同日に出演するCharaやSIRUPともこれまで交流がありますよね。

父親がウッドベース奏者、母親がジャズボーカリストだったようで、常に音楽に囲まれた家庭で育ったことが、彼のベースにはあるようです。確かに音楽的な教養の深さは感じますよね。

先日メジャーデビュー作、「PIECE」のミュージックビデオが公開されたばかりです。同名の東名阪ツアーも予定されています。いいタイミングでのフェス参加になりますね。


LUCKY TAPES

いい感じの出演者が続きますね。彼らもブラックミュージックがベースにあるバンドで、2015年のデビュー当時から注目されていますよね。古き良きソウルやファンクなどからの影響を感じさせるサウンドは心地いいですよね。

昨年2020年11月にリリースされたLUCKY TAPESの最新アルバム『Blend』も評価はいいですね。比較的落ち着いた温かいサウンドとなっています。カッティングギターが前面に出ている感じではなくローファイでメロウなイメージがあります。

今作の感じは海の香りがするシチュエーションで聞くのも良さそうですね。彼らのサウンドを聞きながら、野外でまったり楽しむのも最高ですよね。



TRI4TH

こちらも踊れるジャズバンドとして、素敵なサウンドを鳴らすバンドですよね。クールで迫力あるジャズサウンドは、生で聞いたら虜になる人も多いでしょう。2006年から活動しているバンドで、TOKYO JAZZ FESTIVALやフランスやデンマークのジャズフェスティバルにも出演しています。

彼らの魅力は、ロックの雰囲気もある点ですよね。スカやパンクも取り入れている感じは、ライトな層にも敷居が低いですし、皆かっこいいと思えるサウンドになってますよね。ダンサブルで熱いサウンドは、これからの季節にもぴったりですよね。

2020年10月にアルバム『Turn On The Light』が発売されています。KEMURI HORNESも加わった楽曲も入った最高のアルバムになってますね。

といった感じで紹介しましたが、同日には Chara never young beach SPECIAL OTHERS NakamuraEmi が参加予定です。紹介しきれないのが残念な、素敵な面々ですね。今回はここまでにしておきます。


また近々、GreenRoom第二弾で、5.23(Sun)の出演アーティスト特集もやろうと思います。

ASIAN KUNG-FU GENERATION Dragon Ash ORIGINAL LOVE

RHYMESTER clammbon 中納良恵 GLIM SPANKY

PUFFY KANDYTOWN Vaundy

と23日もいい面子揃えています。また次回お楽しみに。

最新情報をチェックしよう!