音楽を中心とした、コラム・各種ランキングページがあります。邦楽・洋楽問わず、あなたの音楽ライフにお役に立つ情報をご紹介します!

第63回グラミー賞(2021)受賞者リスト一覧 動画リンク付き

目次

第63回グラミー賞総括

全部発表されましたね。最優秀レコード賞がビリー・アイリッシュになったのが、一番のサプライズでしたね。2年連続受賞は可能性低いと読んでました。最優秀楽曲賞もH.E.R.が獲ったのは意外でした。黒人暴行死事件を象徴する楽曲だったのもあるかもしれません。それならむしろ、ビヨンセが獲ってもおかしくなかったですけどね。最優秀アルバム賞と最優秀新人賞は順当ですかね。私はデュア・リパ押しだったので、少し残念な結果でしたね。ま、最優秀ボップボーカル賞は獲れたので良しとしましょう。

にしても、↓毎年個性がありますね。ファッション分野も特集してみたいところですね。

あとはBTSですよね。まあ、これは仕方がないです。有色人種に対して考慮されるようになったと言っても、米ではアジア人はまだ存在感が薄いのかもしれませんね。小川慶太が所属するスナーキーパピーは、見事今年受賞しました。2019年にヒロ・ムライがMV賞を受賞したようにこれまでも日本人は受賞したことがあります。しかし、ポップ部門はまだです。この分野をアジア人が制する日は来るのでしょうか?

昨日出した記事でも言っていたように、ポップデュオ・グループ賞は誰が獲ってもおかしくないカテゴリーでした。結果的に受賞したのは、レディー・ガガ&アリアナ・グランデ。超ビッグな2人が組んでるんですから最強ですよ。しかも、ポップな楽曲ですしね。選ばれやすいでしょう。私が一押ししていた、テイラー・スウィフト&ボン・イヴェールの楽曲は大人し過ぎましたかね。これ名曲だと思うんですけどね。

今回は、結構バランスとった感じがしました。予想もまあまあ外しましたが、楽しかったです。来年も楽しみですね。


※画像クリックで動画に飛べます。

※クラシックやラテン系など一部のカテゴリーはリストに上げていません。

主要4部門

最優秀レコード賞

EVERYTHING I WANTED – WINNER
Billie Eilish
Finneas O’Connell, producer; Rob Kinelski & Finneas O’Connell, engineers/mixers; John Greenham, mastering engineer


最優秀アルバム賞

FOLKLORE – WINNER
Taylor Swift
Jack Antonoff, Aaron Dessner & Taylor Swift, producers; Jack Antonoff, Aaron Dessner, Serban Ghenea, John Hanes, Jonathan Low & Laura Sisk, engineers/mixers; Aaron Dessner & Taylor Swift, songwriters; Randy Merrill, mastering engineer


最優秀楽曲賞

I CAN’T BREATHE – WINNER
Dernst Emile II, H.E.R. & Tiara Thomas, songwriters (H.E.R.)


最優秀新人賞

MEGAN THEE STALLION – WINNER

ポップ部門

最優秀ポップソロ・パフォーマンス賞

WATERMELON SUGAR  – WINNER
Harry Styles

最優秀ポップデュオ/グループ・パフォーマンス賞

RAIN ON ME – WINNER
Lady Gaga with Ariana Grande

 

最優秀ポップ・ボーカル・アルバム部門

FUTURE NOSTALGIA – WINNER
Dua Lipa

最優秀トラディショナル・ポップ・ボーカル・アルバム

AMERICAN STANDARD – WINNER
James Taylor

ダンス/エレクトロニック部門

最優秀ダンス・レコーディング

10% – WINNER
Kaytranada Featuring Kali Uchis
Kaytranada, producer; Neal H. Pogue, mixer

最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバム

BUBBA – WINNER
Kaytranada

コンテンポラリー・インストゥルメンタル部門

最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム

LIVE AT THE ROYAL ALBERT HALL – WINNER
Snarky Puppy

ロック部門

最優秀ロックパフォーマンス

SHAMEIKA – WINNER
Fiona Apple

最優秀メタルパフォーマンス

BUM-RUSH – WINNER
Body Count

最優秀ロックソング

STAY HIGH – WINNER
Brittany Howard, songwriter (Brittany Howard)

最優秀ロックアルバム

THE NEW ABNORMAL – WINNER
The Strokes

オルタナティブ部門

最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム

FETCH THE BOLT CUTTERS – WINNER
Fiona Apple

R&B部門

最優秀R&Bパフォーマンス

BLACK PARADE – WINNER
Beyoncé

最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス

ANYTHING FOR YOU – WINNER

Ledisi

最優秀R&Bソング

BETTER THAN I IMAGINED – WINNER
Robert Glasper, Meshell Ndegeocello & Gabriella Wilson, songwriters (Robert Glasper Featuring H.E.R. & Meshell Ndegeocello)

最優秀プログレッシブR&Bアルバム

IT IS WHAT IT IS – WINNER
Thundercat

最優秀R&Bアルバム

BIGGER LOVE – WINNER
John Legend

ラップ部門

最優秀ラップパフォーマンス

SAVAGE – WINNER
Megan Thee Stallion Featuring Beyoncé

最優秀メロディック・ラップ・パフォーマンス

LOCKDOWN – WINNER
Anderson .Paak

最優秀ラップソング

SAVAGE – WINNER
Beyoncé, Shawn Carter, Brittany Hazzard, Derrick Milano, Terius Nash, Megan Pete, Bobby Session Jr., Jordan Kyle Lanier Thorpe & Anthony White, songwriters (Megan Thee Stallion Featuring Beyoncé)

最優秀ラップアルバム

KING’S DISEASE – WINNER
Nas

カントリー部門

最優秀カントリー・ソロ・パフォーマンス

WHEN MY AMY PRAYS – WINNER
Vince Gill

最優秀カントリー・デュオ/グループ・パフォーマンス

10,000 HOURS – WINNER
Dan + Shay & Justin Bieber

最優秀カントリーソング

CROWDED TABLE – WINNER
Brandi Carlile, Natalie Hemby & Lori McKenna, songwriters (The Highwomen)

最優秀カントリーアルバム

WILDCARD – WINNER
Miranda Lambert

ニューエイジ部門

最優秀ニューエイジ・アルバム

MORE GUITAR STORIES – WINNER
Jim “Kimo” West

ジャズ部門

最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム

SECRETS ARE THE BEST STORIES – WINNER
Kurt Elling Featuring Danilo Pérez

最優秀ジャズ・イントゥルメント・アルバム

TRILOGY 2 – WINNER
Chick Corea, Christian McBride & Brian Blade

ゴスペル/コンテンポラリー・クリスチャン音楽部門

最優秀ゴスペルパフォーマンス・ソング

MOVIN’ ON – WINNER
Jonathan McReynolds & Mali Music; Darryl L. Howell, Jonathan Caleb McReynolds, Kortney Jamaal Pollard & Terrell Demetrius Wilson, songwriters

最優秀コンテンポラリークリスチャンミュージックパフォーマンス・ソング

THERE WAS JESUS – WINNER
Zach Williams & Dolly Parton; Casey Beathard, Jonathan Smith & Zach Williams, songwriters

最優秀ゴスペルアルバム

GOSPEL ACCORDING TO PJ – WINNER
PJ Morton

最優秀コンテンポラリークリスチャンミュージックアルバム

JESUS IS KING – WINNER
Kanye West

アメリカンルーツ音楽部門

最優秀アメリカン・ルーツ・パフォーマンス

I REMEMBER EVERYTHING – WINNER
John Prine

最優秀アメリカン・ルーツ・ソング

I REMEMBER EVERYTHING – WINNER
Pat McLaughlin & John Prine, songwriters (John Prine)

最優秀アメリカン・アルバム

WORLD ON THE GROUND – WINNER
Sarah Jarosz

最優秀ブルーグラス・アルバム

HOME – WINNER
Billy Strings

最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム

RAWER THAN RAW – WINNER
Bobby Rush

最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム

HAVE YOU LOST YOUR MIND YET? – WINNER
Fantastic Negrito

最優秀フォーク・アルバム

ALL THE GOOD TIMES – WINNER
Gillian Welch & David Rawlings

最優秀ルーツ・ミュージック・アルバム

ATMOSPHERE – WINNER
New Orleans Nightcrawlers

レゲエ部門

最優秀レゲエ・アルバム

GOT TO BE TOUGH– WINNER
Toots & The Maytals

グローバル音楽部門

最優秀グローバル・ミュージック・アルバム

TWICE AS TALL – WINNER
Burna Boy

映像作品楽曲部門

最優秀映像作品楽曲

NO TIME TO DIE [FROM NO TIME TO DIE] – WINNER
Billie Eilish O’Connell & Finneas Baird O’Connell, songwriters (Billie Eilish)

プロダクション部門(ノンクラシカル)

プロデューサー・オブ・ザ・イヤー

ANDREW WATT – WINNER

• Break My Heart (Dua Lipa) (T)
• Me And My Guitar (A Boogie Wit Da Hoodie) (T)
• Midnight Sky (Miley Cyrus) (S)
• Old Me (5 Seconds Of Summer) (T)
• Ordinary Man (Ozzy Osbourne Featuring Elton John) (T)
• Take What You Want (Post Malone Featuring Ozzy Osbourne & Travis Scott) (T)
• Under The Graveyard (Ozzy Osbourne) (T)

最優秀エンジニアーアルバム ノンクラシカル

HYPERSPACE – WINNER
Drew Brown, Julian Burg, Andrew Coleman, Paul Epworth, Shawn Everett, Serban Ghenea, David Greenbaum, John Hanes, Beck Hansen, Jaycen Joshua, Greg Kurstin, Mike Larson, Cole M.G.N., Alex Pasco & Matt Wiggins, engineers; Randy Merrill, mastering engineer (Beck)

最優秀リミックスレコーディング

ROSES (IMANBEK REMIX) – WINNER
Imanbek Zeikenov, remixer (SAINt JHN)

ミュージックビデオ/フィルム部門

最優秀ミュージック・ビデオ

BROWN SKIN GIRL – WINNER
Beyoncé, Blue Ivy & WizKid
Beyoncé Knowles-Carter & Jenn Nkiru, video directors; Astrid Edwards, Aya Kaida, Jean Mougin, Nathan Scherrer & Erinn Williams, video producers

最優秀ミュージック・フィルム

LINDA RONSTADT: THE SOUND OF MY VOICE – WINNER
Linda Ronstadt
Rob Epstein & Jeffrey Friedman, video directors; Michele Farinola & James Keach, video producers

最新情報をチェックしよう!