音楽を中心とした、コラム・各種ランキングページがあります。邦楽・洋楽問わず、あなたの音楽ライフにお役に立つ情報をご紹介します!

ビルボードシングルチャート HOT100 アメリカのランキングTOP10 (4月第1週)

➤先週のビルボード・チャート

➤第63回グラミー受賞アーティスト一覧

Billboard Ranking HOT100
1. Peaches
Justin Bieber Ft.
Daniel Caesar, Giveon

アルバム『Justice』も通算8作目の1位が確定して、「ソロ・アーティストの1位獲得数」が8作に到達した時点での、史上最年少記録を更新しました。HOT100も制したことによって、アルバム・シングル同時1位デビューしたことになります。これはテイラー・スウィフト、BTSしかなしえていない記録のようです。4月9日(金)のMステにも出演が決まっていますよ。

buy


2. Up
(1)↓ Cardi B

カーディBは首位からワンランクダウン。第63回グラミーでもこの楽曲をパフォーマンスしていました。グラミー効果で先週1位を獲得した彼女は、仲間に対して感謝のコメントを出していました。セクシャルなパフォーマンスに対する非難をした相手に対し、皮肉ったコメントもしてましたね。そんな彼女は、最近背中に大きな花柄のタトゥーを入れたみたいです。

buy


3. Leave the Door Open
(2)↓ Bruno Mars , Anderson Paak,Silk Sonic

先週グラミーでのパフォーマンス効果で、順位を上げたシルク・ソニックも1ランクダウンです。この楽曲は、まるで70年代のソウルを現代のサウンドで蘇らせたようです。ブルーノ・マーズとアンダーソン・パークの才能の素晴らしさに驚かされますね。ブルーノがオーナーのラム酒ブランド「セルバレイ」が、2021年春より日本で本格的に展開をスタートさせるようですよ。

buy


4. (3)↓  

Driver Lisence / Olivia Rodrigo
彼女も順位を一つ落としました。首位記録が途切れてからは、少し落ち着きましたね。しかし、インスタに新曲を匂わせる投稿がありました。これまでにシェアした全ての画像や動画を削除した彼女は、レトロなTVから映像が流れる3つの動画とアートワークの上に「deja vu」と書かれた画像が公開しています。MVの一部なのか、イメージ映像かもわかりませんが、続報が期待されますね。⇒新曲は「deja vu」というタイトルで4月2日にリリースされます。

5.  (5)→

Save Your Tears / The Weeknd

まだまだこの楽曲もよく聞かれていますね。整形顔の演出も話題になったこのMVでは、トロフィーを捨てる姿を見ることが出来ます。そのせいもあるのか、グラミーでは存在を無視されてしましました。「今後ボイコットする」と、彼は怒り心頭です。そんな彼ですが新曲を匂わせる投稿がありました。謎に包まれていますが、そろそろ動きがありそうですよね。

↑Watch MV buy

6. (6)→

Bliding Light / The Weeknd

「1年間TOP10入りを続けた楽曲はビルボードチャート創設以来初」という最長記録を打ち立てたこの曲はまだまだ6位に踏みとどまりました。TOP40で見てみると、64週目になるようです。新曲の話ですが、「この章はまだ完全には終わっていない…」「まだいくつかのルーズエンドを結びつけている」と付け加えて連日投稿されています。彼は匂わせるのがうまいですね。


7. (7)→

Levitating / Dua Lipa Ft.Da Baby

グラミーでは、この曲と「ドント・スタート・ナウ」がメドレーで披露されていました。主要部門を逃してしまいましたが、ポップ・ヴォーカル・アルバム賞を受賞しています。受賞したアルバム「フューチャーノスタルジア」は、リリースしてから1年が経ちました。彼女のチームは記念にアルバムカバーのケーキをオーダーして、祝福しあったようです。

↑Watch MV buy

8. (4)↓

What’s Next / Drake

ドレイクはランクダウンしましたね。初登場時EPに含まれる3曲で、TOP3を独占し数々の記録を打ち立てました。彼は、このEPを出す前に「FRIDAY MIDNIGHT」というキャプションが付けたインスタを投稿しました。3月5日金曜日の朝12:00に時計が鳴ると、ドレイクは約束を守り、『ScaryHours2』をドロップしたわけです。新作『CertifiedLoverBoy』を準備中で、この楽曲はプロモーションの一環でもあったようです。


9. (12)↑

What You Know Bout Love / Pop Smoke

ブルックリンのラッパー、ポップスモークは、多才な能力を示してキャリアを積み上げている途中に亡くなりました。そして、彼の最初のスタジオアルバム『Shoot for the Stars, Aim for the Moon』は、死後2020年7月にリリースされることになったのです。彼が俳優として出演する映画『BOOGIE』のサウンドトラックの1曲として「AP」も先月リリースされました。


10. (8)↓

Mood / 24kGoldn Ft. iann dior

この楽曲もTOP10の常連で、ロングヒット中です。先日、ニューアルバム『ElDorado』をリリースしました。この「Mood」も収録されています。先日公式チャンネルで公開された「3,2,1」も話題となりました。アルバムも結構売れそうな感じがしますね。英誌NMEでレビューを★4獲得するなど、アルバムは概ね好評です。


●感想

今週はジャスティン・ビーバーの週になりましたね。いつもの面子は1つづつ順位を落としました。ジャスティンはアルバム『Justice』も好調ですね。24kGoldnのアルバムもどの程度受け入れられるか興味がありますね。来週もどうなるか楽しみですね。

 

最新情報をチェックしよう!