音楽を中心とした、コラム・各種ランキングページがあります。邦楽・洋楽問わず、あなたの音楽ライフにお役に立つ情報をご紹介します!

最新ビルボードランキング HOT100 TOP10 (3月第3週)

billboard ranking HOT100
1. What’s Next
Drake

遂に、オリヴィア・ロドリゴの連続首位記録は絶たれましたね。まぁ、アメリカでカリスマ的な人気があるドレイクが相手でしたから仕方ありません。「What’sNext」は、4,900万のストリーム、19,000のダウンロード、米国のラジオ局全体で1,200万をわずかに下回る視聴者のインプレッションのおかげで、1位に躍り出ました。しかも『Scary Hours2』からの楽曲は、1〜3位を独占することになったという…まだ彼の人気は健在ですね。

Scary Hours2


2. Wants and Needs
Drake Ft.Lil Baby

また『Scary Hours2』からの1曲がランクイン。同じアーティストの楽曲がTOP3を独占したのは、ビートルズ(1964年)、アリアナ・グランデ(2019年)に続いて歴代3組目だそうです。しかも、ランクインしたタイトルが全て初登場曲というのは歴代初という快挙。ドレイクが来るとは思ってましたが、ここまでとは驚きです。

Scary Hours2


3. Lemon Pepper Freestyle
Drake Ft.Rick Ross

マイアミのヒップホップ集団Maybach Music Groupのボス、リック・ロスとのコラボは、2019年の「Money in the Grave」以来ですね。ドレイクの記録はまだ書ききれません。初登場1位獲得曲を4曲以上もつアーティストは、男性アーティストとしては歴代最多記録。首位獲得総週は51週目で、男性ソロ・アーティストとしては歴代最多。(全体では4番目)などなど凄い記録ばかりです。


4. (初)

Leave the Door Open / Bruno Mars , Anderson Paak,Silk Sonic

こちらも初登場シルク・ソニックの1曲。上位4曲が全て初登場曲というのも、歴代初の記録だそうです。70年代のソウルを現代のサウンドで蘇らせたような楽曲。最高ですね。この曲はグラミー授賞式でもパフォーマンスされました。そのパフォーマンスを受けて全米の当日セールス数も5,100(144%増)となり、まだ伸びていきそうですね。


5.  (1)↓

Driver Lisence / Olivia Rodrigo

ついに連続1位記録が8週で止まりました。ラジオのオンエア数は、まだ好調をキープしています。この曲は、気の向くまま近所をドライブしながら悲しい曲を聴いていたら、それまでしばらく感じていなかった感情が突如として湧き上がってきて、そのまま家に帰って書き上げたようです。来年のグラミーは、彼女が主役の1人になりそうですね。

↑Watch Video buy

6. (2)↓

Up / Cardi B

カーディBも押し出される形で6位にランクダウン。第63回グラミーでもこの楽曲をパフォーマンスしていました。(メーガンとのコラボ曲「WAP」も披露していましたね。)そして彼女は「グラミーで受賞はされなかったものの、ノミネートされた多くの黒人アーティスト達を、忘れずに祝ってほしい」とTwitterに投稿していました。


7. (6)↓

Save Your Tears / The Weeknd

彼はグラミーに怒り心頭でしたね。まあ、実績から考えてノミネートが1曲もないのはあり得ないですよね。色々今後も波紋を呼びそうです。整形顔も話題になったこのMVですが、もちろん整形は特殊メイクです。アメリカン・ミュージックアワードの包帯パフォーマンスもMVリリースに向けての演出だったというわけです。

↑Watch MV buy

8. (3)↓

Bliding Light / The Weeknd

先週、「52週(1年間)TOP10入りした楽曲は1958年のチャート創設以来初」という最長記録を打ち立てて、今週はさらに更新です。この記録はなかなか破られることはないんじゃないでしょうか? 昨年年間チャートでは当然1位だったのですが、海を渡ったイギリスでも2020年に最もストリーミングされた曲、最も売れた曲に選ばれています。


9. (4)↓  

34+35 / Aliana Grande
アリアナもレディ・ガガとの共作で無事にグラミーを受賞出来ました。Twitterでもガガに向けて、受賞したことへの感謝と共に「マザー・モンスター、起きて!」とからかっていました。そして、34+35(Remix)で共演しているミーガン・ジー・スタリオンが、最優秀新人賞を受賞しました。同賞にはドージャ・キャットもノミネートされていましたね。

10. (7)↓

Mood / 24kGoldn Ft. iann dior

この楽曲もTOP10に残りました。24kGoldnは、デビューシングル「バレンチノ」で注目を集め、プラチナディスクを獲得しました。続けてこの曲でもTikTokで爆発して、「ダンスチャレンジ」などで多用されました。この曲7月リリースですから、彼の人気は本物だと証明されていますね。アルバムも楽しみです。

 


今週は大きくチャートが動きましたね。遂にオリヴィア・ロドリゴ首位陥落でした。ビルボード・グローバル・チャートの方は9週連続に伸ばしているようです。こちらは首位最長記録を樹立したようです。来週はどんな動きになるのでしょうか?楽しみです。

 

最新情報をチェックしよう!